医療レーザーならずっとに生えてこないらしい!

 

カミソリ

世の中に“脱毛”のしかたはたっくさん。
自分でムダ毛処理している人なら、シェーバー、カミソリ、ワックス、クリーム、家庭用脱毛機‥など。
プロの手を借りるなら、光脱毛、レーザー脱毛が主流でしょうか。

 

この中で『永久脱毛』と謳えるのは、医療機関で受けるレーザー脱毛だけだって知っていますか?

 

永久的な脱毛効果が得られるような脱毛は、医療行為なんだそうです。
ですからクリニックなどの医療機関でしか『永久脱毛』の施術を受けることができないんです。

 

 

毛が生えなくなるわけ

 

レーザー脱毛のしくみを簡単に解説します。

 

レーザー

脱毛に使われるレーザーは、毛の黒い色(メラニン色素)にのみ反応する特殊なレーザーです。レーザーを皮膚に照射するとメラニン色素に蓄えられ、その後、熱エネルギーに変わります。この熱エネルギーが、毛を生やす役割をしている組織である毛乳頭や毛母細胞を破壊します。

 

毛乳頭や毛母細胞が破壊された毛穴は、毛を成長させる能力がなくなるため、そこからは生えてこなくなります。

 

 

ちなみに、エステサロンなどで行われている光脱毛は、レーザー脱毛よりもパワーの弱い光を使っています。そのため脱毛の効果は、永久とは言えません。

 

 

医療レーザー脱毛でも失敗している人がいます

 

レーザー脱毛を受けたんだけど毛が生えてきた!という体験者の声から、これから受ける人が気を付けるべきことをご紹介します。

 

 

夏までの短期間で終わらせたいと伝えて、ドクターと話し合った結果、2ヶ月間で3回の施術をすることに決定。両ワキです。
そして・・施術完了から2ヶ月。なんとワキから毛が生えているではないですか!!
その量ときたら脱毛する前とあまり変わっていない!
よく調べてみたら、施術間隔が近すぎたことがダメだったみたい(><)
しかもレーザー脱毛って1年間くらいかけないと完全に永久に生えてこないようにはできないそうです。
短期間でするのはこちらの希望だったけど、、ドクターよ、ひとこと教えて欲しかった。

(20代・派遣事務)

 

 

夏までにきれいな肌になりたいと思って、脱毛を始める人はとても多いです。
そのため、夏が近づくと予約が取りにくくなるクリニックもあります。

 

この体験者の方は、予約は取れたけれど、施術間隔が短すぎたためにほとんど脱毛効果を得られなかったようですね。
一般的に、次の施術までには2〜3ヶ月以上あけるのがいいと言われています。

 

これは毛が生えるサイクルに関係しています。

 

毛はそれぞれが持っているサイクルで「成長期」「退行期」「休止期」という3つの状態を繰り返しています。
このなかで脱毛効果があるのは「成長期」の毛だけです。
2〜3ヶ月あけるのは、成長期じゃなかった毛が成長期になるのを待っているためなのです。

 

成長期

栄養を取りこんで毛を太く長く成長させる

退行期

毛が成長を止めて抜け落ちやすい状態

休止期

毛が抜け落ち、次の成長期まで休んでいる

 

 

2〜3ヶ月というのはあくまで目安で、個人差や部位差、毛穴による差もあります。
全ての毛が生えなくなるまでには、ある程度の間隔をあけて何回かレーザーを照射する必要があります。

 

 

更新履歴