施術前後のケアについて

 

レーザー脱毛を受けるにあたっては、施術前後のケアが大切です。
肌トラブルを防ぐために、いつも以上に気を付けなければなりません。

 

知っておくべき施術前後のケアについてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

施術前のケア

 

毛は剃っておくのが○

 

レーザー脱毛は、毛根組織にダメージを与えることで脱毛効果を発揮します。
そのため毛抜きやワックスで毛を抜いてしまうと効果がありません。
すくなくとも施術の2〜3週間前からは、シェービングに切り替えましょう。

 

シェービング

また、毛が生えた状態(全く処理をしていない)だと、レーザーのエネルギーを効率的に毛根に伝えることができません。
施術を受ける箇所は、前日にシェービングしておきます。

 

背中やVIOラインといった、自分では手が届きにくいところは、無理をして剃ろうとすると肌に傷をつけてしまうこともあります。
この場合は、クリニックで剃毛してもらえますので安心してください。(剃毛料がかかることがあります)

 

日焼けは×

 

レーザーは黒い色(メラニン色素)に反応します。
施術前に過度な日焼けをしてしまうと、皮膚にダメージを与えてしまう可能性があるため施術を受けられません。
脱毛を希望する部位の日焼けには十分気をつけましょう。

 

 

施術後のケア

 

毛は抜け落ちます

 

数日経つと毛穴の中に残っていた毛が抜け落ちます。
ムリに抜くようなことはせず、抜けるのを待ちましょう。シェービングはしても通常は問題ありません。

 

シャワーはOK、刺激は与えない

 

炎症がひどくなければ、施術当日もシャワーに入ることはできますが、レーザーを照射したところを強くこすったりして刺激を与えるのは避けましょう。
また、肌が敏感になっていますので日焼け、汗をかくほどの運動、飲酒などにも気をつけてください

 

乾燥や赤みには保湿が大切

 

クリーム

施術後は赤みが出たり、乾燥しやすくなります。
保湿しておくことでこれらの症状を最小限に抑えることができます。

 

何日たっても症状が収まらない、症状がひどいときは、クリニックに相談しましょう。
処方された薬は正しく使用してください。